“外国人材拡大”法案 14日に趣旨説明提案も折り合わず

“外国人材拡大”法案 14日に趣旨説明提案も折り合わず
外国人材の受け入れを拡大するための法案について、衆議院法務委員会の理事懇談会で、与党側は、来週14日に、委員会で、趣旨説明を行いたいと提案しましたが、野党側は現段階では受け入れられないとして、引き続き協議することになりました。
今の国会の焦点となっている、外国人材の受け入れを拡大するための出入国管理法の改正案について、与野党は、来週13日に、衆議院本会議を開き、安倍総理大臣も出席して、審議に入ることで合意しました。

これを受けて、衆議院法務委員会の理事懇談会が開かれ、与党側は、翌14日に委員会を開き、改正案の趣旨説明を行いたいと提案しました。

これに対し、野党側は、「まだ、改正案の審議日程について議論する段階ではない」などとして、折り合わず、引き続き協議することになりました。