国会の憲法審 早期開催し改憲案議論を 自民総務会長

国会の憲法審 早期開催し改憲案議論を 自民総務会長
k10011704611_201811091505_201811091526.mp4
憲法改正をめぐって自民党の加藤総務会長は、国会の憲法審査会を早期に開き、継続審議となっている国民投票法の改正案や、自民党が提示を目指している憲法改正案について議論を進めるべきだという考えを示しました。
憲法改正をめぐって自民党は、今の国会で憲法改正の是非を問う国民投票の利便性を高めるための国民投票法改正案の成立を図るとともに、憲法審査会に「自衛隊の明記」など4項目の党の改正案を提示したい考えです。

これについて、加藤総務会長は記者会見で、「憲法審査会では国民投票法の改正案が継続審議になっているので、まず、その議論をしてもらいたい」と述べました。

そのうえで、「われわれは憲法改正案のたたき台も決めており、それも含め、しっかりとした議論が行われることを期待したい」と述べ、国会の憲法審査会を早期に開き議論を進めるべきだという考えを示しました。

また、公明党の斉藤幹事長は記者会見で、「憲法審査会を開き、国民投票法の改正案を早急に審議し、成立を図るべきだ」と述べたうえで、憲法審査会では、国民民主党がまとめた、政党によるテレビ広告の原則禁止などを盛り込んだ国民投票法の改正案についても議論すべきだという考えを示しました。