米副大統領 日本など4か国訪問へ 北朝鮮の完全非核化求める

米副大統領 日本など4か国訪問へ 北朝鮮の完全非核化求める
k10011704341_201811091209_201811091212.mp4
アメリカのホワイトハウスは、ペンス副大統領が今月11日から18日までの日程で日本など4か国を訪問すると発表しました。日本では安倍総理大臣を表敬訪問する予定で、一連の訪問で北朝鮮の完全な非核化を求める立場を改めて確認するとしています。
ホワイトハウスは8日、ペンス副大統領が今月11日から18日までの日程で、日本、シンガポール、オーストラリア、パプアニューギニアの4か国を訪問すると発表しました。

このうち、12日から13日は東京を訪れ、安倍総理大臣を表敬訪問する予定です。
そして、トランプ大統領の代わりに、シンガポールでASEAN=東南アジア諸国連合との首脳会議や東アジアサミットに出席し、パプアニューギニアではAPEC=アジア太平洋経済協力会議に出席します。

また、シンガポールとパプアニューギニアには、ホワイトハウスで安全保障政策を担当するボルトン大統領補佐官も同行するということです。

ペンス副大統領が日本を訪れるのは3回目で、今回は与党・共和党が連邦議会下院の多数派を失った中間選挙から間もない時期の訪問となります。

ホワイトハウスは今回の一連の訪問で、アメリカとして北朝鮮の完全かつ検証可能な非核化を目指す立場を改めて確認し、また、インド太平洋地域でいかなる権威主義や侵略、国家主権の軽視も容認しないというメッセージを伝えるとしています。