ツイートで高齢者侮辱 青森市議当選者に辞職勧告決議案提出へ

ツイートで高齢者侮辱 青森市議当選者に辞職勧告決議案提出へ
先月の青森市議会議員選挙で初当選したあと、匿名のツイッターで高齢者や性的マイノリティーの人をさげすむような書き込みをしていたことが明らかになり、批判を受けている山崎翔一氏について、市議会の共産党会派は辞職勧告決議案を提出することを決めました。
先月28日の青森市議会議員選挙で初当選した山崎翔一氏(28)は、匿名で行っていた自身のツイッターで、高齢者や性的マイノリティーの人をさげすむような書き込みをしていたことが明らかになり批判を受けていますが、今月5日の記者会見で謝罪したうえで議員を務める意向を示しています。

市議会議員としての任期は今月26日から始まりますが、山崎氏について共産党会派は、議員にふさわしくないとして、今月下旬に開会する市議会で、辞職勧告決議案を提出することを決めました。

決議に法的な拘束力はありませんが、共産党会派はほかの議員にも決議案の共同提出を呼びかけることにしています。
先月28日の青森市議会議員選挙で初当選した山崎翔一氏(28)は、匿名で行っていた自身のツイッターで、高齢者や性的マイノリティーの人をさげすむような書き込みをしていたことが明らかになり批判を受けていますが、今月5日の記者会見で謝罪したうえで議員を務める意向を示しています。

市議会議員としての任期は今月26日から始まりますが、山崎氏について共産党会派は、議員にふさわしくないとして、今月下旬に開会する市議会で、辞職勧告決議案を提出することを決めました。

決議に法的な拘束力はありませんが、共産党会派はほかの議員にも決議案の共同提出を呼びかけることにしています。