カピバラの双子の赤ちゃん公開 静岡 伊東

カピバラの双子の赤ちゃん公開 静岡 伊東
k10011703501_201811081816_201811081819.mp4
静岡県伊東市の動物公園で、先月、生まれた双子のカピバラの赤ちゃんが公開され、訪れた人たちの人気を集めています。
伊東市の「伊豆シャボテン動物公園」では、50年以上前からカピバラを飼育していて、先月21日に双子の赤ちゃんが生まれました。

母親が出産後に死んでしまったため、初めは飼育員が母親代わりとなってミルクを与えていましたが、生後20日ほどたった今では、リンゴや干し草なども食べられるようになりました。
体長はおよそ30センチ、体重3キロほどで、1年余りすると体長1メートルほどにまで成長するということです。
性別はまだわからないということです。

2頭はふだんは展示施設で過ごしていますが、天気のいい日は、来園者とのふれあい広場で家族でのんびりすごしています。

訪れた人たちは「かわいいね」などと言いながら写真を撮っていました。

飼育員の松嶌里美さんは「母親が死んで心配でしたが、父親と飼育員の二人三脚で順調に育っています。来園者にかわいがってもらえるようになってもらいたいです」と話していました。