米とのTAG交渉 国益に反する合意は行わず 官房長官

米とのTAG交渉 国益に反する合意は行わず 官房長官
アメリカのトランプ大統領が、日米2国間のTAG=物品貿易協定の交渉に向けて、厳しい姿勢で臨む考えを示したことについて、菅官房長官は午前の記者会見で、国益に反するような合意は行わないという立場を重ねて強調しました。
この中で菅官房長官は、アメリカ議会の中間選挙で、野党・民主党が下院で多数派を奪還し、議会がいわゆる「ねじれ」の状態になったことに関連し、「日米同盟は揺るぎなく、わが国としては引き続き、日米同盟に基づく米国との連携をしっかり進めていきたい」と述べました。

また、菅官房長官はアメリカのトランプ大統領が「非難するつもりはないが、多額の貿易赤字を抱えている」などと述べ、日米2国間のTAG=物品貿易協定の交渉に向けて、厳しい姿勢で臨む考えを示したことについて、「物品貿易協定の交渉で、わが国の国益に反するような合意を行うことは全く考えていない」と述べました。