巨人 菅野が投手3冠 西武は4人がタイトル獲得

巨人 菅野が投手3冠 西武は4人がタイトル獲得
プロ野球、セ・パ両リーグは、レギュラーシーズンが13日で終了し、セ・リーグは巨人の菅野智之投手が最多勝など3つのタイトルを獲得したほか、パ・リーグではリーグ優勝した西武から4人がタイトルを獲得しました。
菅野投手はプロ6年目の今シーズン、15勝8敗、防御率2.14、三振200個を奪って、最多勝、最優秀防御率、最多奪三振の3つのタイトルに輝きました。
最優秀防御率は3年連続4回目の獲得で、3年連続は昭和31年から33年の西鉄の稲尾和久さん以来、史上2人目です。
また、最多勝は2年連続2回目、最多奪三振は2年ぶり2回目の獲得です。

広島の5年目、大瀬良大地投手は15勝7敗、勝率6割8分2厘で、最多勝と最高勝率の2つのタイトルを初めて獲得しました。

最多セーブは37セーブを挙げたDeNAの4年目、山崎康晃投手が、最優秀中継ぎはヤクルトのプロ17年目、近藤一樹投手が42ホールドポイントを挙げて、ともに初めての獲得です。

打撃部門です。中日のビシエド選手が打率3割4分8厘、178本のヒットを打って、首位打者と最多安打に輝き、来日3年目で初のタイトルを獲得しました。

ホームラン王はDeNAのソト選手が41本のホームランを打ち、来日1年目でのタイトル獲得。

打点王はヤクルトのバレンティン選手が131打点で初めて獲得しました。

最高出塁率は広島の丸佳浩選手が4割6分8厘で初めて獲得。

盗塁王はヤクルトの山田哲人選手が33個の盗塁をマークし、2年ぶり3回目の獲得です。

セ・リーグ

菅野投手はプロ6年目の今シーズン、15勝8敗、防御率2.14、三振200個を奪って、最多勝、最優秀防御率、最多奪三振の3つのタイトルに輝きました。
最優秀防御率は3年連続4回目の獲得で、3年連続は昭和31年から33年の西鉄の稲尾和久さん以来、史上2人目です。
また、最多勝は2年連続2回目、最多奪三振は2年ぶり2回目の獲得です。

広島の5年目、大瀬良大地投手は15勝7敗、勝率6割8分2厘で、最多勝と最高勝率の2つのタイトルを初めて獲得しました。

最多セーブは37セーブを挙げたDeNAの4年目、山崎康晃投手が、最優秀中継ぎはヤクルトのプロ17年目、近藤一樹投手が42ホールドポイントを挙げて、ともに初めての獲得です。

打撃部門です。中日のビシエド選手が打率3割4分8厘、178本のヒットを打って、首位打者と最多安打に輝き、来日3年目で初のタイトルを獲得しました。

ホームラン王はDeNAのソト選手が41本のホームランを打ち、来日1年目でのタイトル獲得。

打点王はヤクルトのバレンティン選手が131打点で初めて獲得しました。

最高出塁率は広島の丸佳浩選手が4割6分8厘で初めて獲得。

盗塁王はヤクルトの山田哲人選手が33個の盗塁をマークし、2年ぶり3回目の獲得です。

パ・リーグ

最多勝は西武の3年目、多和田真三郎投手が16勝5敗で初めてのタイトル獲得です。

最優秀防御率は楽天の33歳、岸孝之投手が防御率2.72をマークし、初めて獲得しました。

最高勝率はロッテのボルシンガー投手が13勝2敗、勝率8割6分7厘で来日1年目での獲得です。

最多奪三振は楽天の則本昂大投手が187個の三振を奪い獲得しました。5年連続での獲得は、昭和47年まで6年連続で獲得した阪神の江夏豊さん、近鉄の鈴木啓示さんに次いで史上3人目です。

最多セーブはソフトバンクの5年目、森唯斗投手が37セーブを挙げて、初めてのタイトル獲得。

最優秀中継ぎは日本ハムの宮西尚生投手が41ホールドポイントを挙げ、2年ぶり2回目の獲得です。

打撃部門です。ソフトバンクの柳田悠岐選手が打率3割5分2厘、出塁率4割3分1厘をマークし、首位打者と最高出塁率の2つのタイトルを獲得しました。

首位打者は3年ぶり2回目、最高出塁率は4年連続4回目です。

ホームラン王は西武の山川選手が47本のホームランを打って、初のタイトル獲得です。

打点王は西武の浅村栄斗選手が127打点で、5年ぶり2回目の獲得。

最多安打は西武の秋山翔吾選手が195本のヒットを打って、2年連続3回目。

盗塁王は日本ハムの西川遥輝選手が44個の盗塁を決めて、2年連続3回目の獲得です。