猛烈な台風22号 フィリピン北部に上陸

猛烈な台風22号 フィリピン北部に上陸
k10011631201_201809151007_201809151009.mp4
非常に強い台風22号は日本時間の15日未明、フィリピンのルソン島北部に上陸しました。フィリピンの防災当局は、台風が通過する地域に住むおよそ420万人に対し、厳重な警戒を呼びかけています。
フィリピンの気象当局は、非常に強い台風22号は日本時間の15日午前2時40分にルソン島北部のカガヤン州に上陸したと発表しました。

また、日本の気象庁によりますと、台風22号は、日本時間の午前6時には1時間に30キロの速さで、西寄りに進んでいます。

中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から170キロ以内の範囲では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

そして、15日正午ごろから午後にかけて南シナ海に抜け、その後、16日には香港に接近するとみられています。

これまでのところ被害の情報は入っていませんが、フィリピン政府は、2013年にフィリピン中部を直撃しおよそ7300人の死者・行方不明者が出た台風に匹敵する勢力だとしています。

フィリピンの防災当局は、台風が通過する地域では洪水や高潮、建物の倒壊などで被害が出る可能性があるとして、この地域に住むおよそ420万人に対し、厳重な警戒を呼びかけています。