モスバーガーの客 関東など8都県で食中毒の症状

モスバーガーの客 関東など8都県で食中毒の症状
k10011631171_201809150611_201809150620.mp4
ハンバーガーチェーン「モスバーガー」の関東地方などの19の店舗を先月利用した客28人が、食中毒の症状を訴えていたことがわかりました。モスバーガーの運営会社では「本部から納入した食材が原因となった可能性が極めて高い」として謝罪しています。
ハンバーガーチェーンの「モスバーガー」では、長野県上田市にある店舗を先月利用した4人が下痢などの食中毒の症状を訴え、保健所は今月10日、腸管出血性大腸菌O121による食中毒と断定し、3日間の営業停止処分としました。

厚生労働省によりますと、このケースを含め、先月10日から23日にかけてモスバーガーの19の店舗を利用した客合わせて28人が同じ症状を訴えて医療機関を受診していました。

このうち9つの店舗を利用した12人から検出したO121の遺伝子の型が一致したということです。

入院した患者もいましたが、いずれも重症ではなく、快方に向かっているということです。

モスバーガーを運営する「モスフードサービス」によりますと、食中毒の症状を訴えた患者が利用していたのは栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、長野の8つの都県の店舗だということです。

「モスフードサービス」は、「本部から納入した食材が原因となった可能性が極めて高い状況で、多大なるご迷惑とご心配をおかけしたことをおわび申し上げます」としています。

モスフードサービス おわびと再発防止策

モスバーガーを展開するモスフードサービスは、「発症されたお客様とご家族の方々には、多大なる苦痛とご迷惑をお掛けしましたことを心よりおわび申し上げます。考えられるすべての要因に対して対策を講じ、再発防止に取り組んでまいります」などとするコメントを発表しました。

再発防止策として、肉と野菜について店舗への納入前の検査項目に、新たに腸管出血性大腸菌O121などを追加することを決めたということです。