米小売業売り上げ高 0.1%増加 低い伸びにとどまる

米小売業売り上げ高 0.1%増加 低い伸びにとどまる
アメリカの先月の小売業の売り上げ高は、前の月と比べて0.1%の増加と低い伸びにとどまりましたが、市場関係者の間では、大規模な減税などを背景にアメリカの個人消費は、当面、緩やかな伸びが続くという見方が出ています。
アメリカ商務省が、14日発表した先月の小売業の売り上げ高は、5090億ドルと、前の月と比べて0.1%の増加となりました。

これは市場が予想していた0.4%の増加を下回り、自動車販売店などの売り上げが減少したことから、半年ぶりの低い伸びにとどまりました。

ただ7月の売り上げ高は0.7%の増加に上方修正され、市場関係者の間では、大規模な減税などを背景に、雇用や賃金が伸びていることから個人消費は、当面緩やかな増加が続くという見方が出ています。

アメリカの消費をめぐっては、米中の貿易摩擦が激しくなる中、トランプ政権が検討している、これまでで最大の2000億ドル規模の輸入品に関税を上乗せする制裁措置が発動されれば、生活に身近な製品の値上がりにもつながることから消費に悪影響を及ぼす懸念も出ています。
アメリカ商務省が、14日発表した先月の小売業の売り上げ高は、5090億ドルと、前の月と比べて0.1%の増加となりました。

これは市場が予想していた0.4%の増加を下回り、自動車販売店などの売り上げが減少したことから、半年ぶりの低い伸びにとどまりました。

ただ7月の売り上げ高は0.7%の増加に上方修正され、市場関係者の間では、大規模な減税などを背景に、雇用や賃金が伸びていることから個人消費は、当面緩やかな増加が続くという見方が出ています。

アメリカの消費をめぐっては、米中の貿易摩擦が激しくなる中、トランプ政権が検討している、これまでで最大の2000億ドル規模の輸入品に関税を上乗せする制裁措置が発動されれば、生活に身近な製品の値上がりにもつながることから消費に悪影響を及ぼす懸念も出ています。