イエメンからの難民23人に1年間の滞在認める 韓国

イエメンからの難民23人に1年間の滞在認める 韓国
韓国のリゾート地、チェジュ島(済州島)に、内戦が続く中東イエメンから難民認定を求める人々が押し寄せている問題で、韓国政府は14日、人道的な観点から保護が必要だとして23人について1年間の滞在を認めると発表しました。
韓国南部のリゾート地のチェジュ島では、観光客を呼び込むためにビザなしで入国できる制度を設けていましたが、ことしに入って、内戦が続き「最悪の人道危機」とも言われる中東イエメンから、およそ500人が難民認定を求めて押し寄せ、審査の行方が注目されていました。

韓国法務省は14日、一部の人たちについて審査の結果を発表し、イエメンに戻れば生命に危険が及ぶ可能性があるなど人道的な観点から保護が必要だとして、23人について1年間の滞在を認めることを発表しました。

ただ、人種や宗教による迫害ではなく韓国の難民法の規定に該当しないとして、国民と同様の権利を付与する難民認定はできないとしています。

滞在が認められた23人は内戦の状況しだいでは滞在期間の延長を申請できるということで、政府としても韓国語や文化を学ぶ教室を開いて支援するということです。

韓国では、支援すべきだという人たちと受け入れに反対する人たちがデモ活動をするなど意見が真っ二つに分かれています。

法務省は残りの人たちについても順次、審査を進め、来月中にも結果を出すことにしています。
韓国南部のリゾート地のチェジュ島では、観光客を呼び込むためにビザなしで入国できる制度を設けていましたが、ことしに入って、内戦が続き「最悪の人道危機」とも言われる中東イエメンから、およそ500人が難民認定を求めて押し寄せ、審査の行方が注目されていました。

韓国法務省は14日、一部の人たちについて審査の結果を発表し、イエメンに戻れば生命に危険が及ぶ可能性があるなど人道的な観点から保護が必要だとして、23人について1年間の滞在を認めることを発表しました。

ただ、人種や宗教による迫害ではなく韓国の難民法の規定に該当しないとして、国民と同様の権利を付与する難民認定はできないとしています。

滞在が認められた23人は内戦の状況しだいでは滞在期間の延長を申請できるということで、政府としても韓国語や文化を学ぶ教室を開いて支援するということです。

韓国では、支援すべきだという人たちと受け入れに反対する人たちがデモ活動をするなど意見が真っ二つに分かれています。

法務省は残りの人たちについても順次、審査を進め、来月中にも結果を出すことにしています。