北海道の節電 20%目標はきょうまで 来週以降も節電協力要請

北海道の節電 20%目標はきょうまで 来週以降も節電協力要請
世耕経済産業大臣は14日午後、記者団に対し北海道への節電要請について20%の節電目標は14日までとすることを明らかにしました。そのうえで今後も老朽化した火力発電所のトラブルの可能性があり、厳しい需給の状態は続くとして、来週18日以降も引き続き節電の協力を求めました。
この中で世耕経済産業大臣は「きのう京極発電所の1号機が稼働し、きょう午後3時に2号機が稼働したことでおよそ40万キロワットの供給力を確保することができた。電力供給に一定の上積みを図ることができ、計画停電は当面、実施の必要がない見通しとなった」と述べました。

さらに世耕大臣は「北海道電力と相談し、高橋知事の意見も聞いたうえで、きょうの午後8時半までは引き続き節電に取り組んでもらうこととし、その後は、一律に2割の節電目標を設定することはしないことにしたい」と述べました。

そのうえで世耕大臣は「老朽化した火力発電所のトラブルの可能性はあり、厳しい需給の状態は続くため、連休明けの来週18日以降、午前8時半から午後8時半まで需要減1割の確保に向けて、できるかぎりの節電の協力をお願いしたい」と述べて、20%の節電目標は14日までとしたうえで連休明けの18日以降も需要を1割減らせるように引き続き節電の協力を求めることを明らかにしました。

また世耕大臣は、節電にあたっては子どもやお年寄りの体調に影響を与えたり店舗や工場の操業を大きく制限したりすることのないよう、ライフスタイルの大きな変更を必要としない範囲での協力を求めました。
この中で世耕経済産業大臣は「きのう京極発電所の1号機が稼働し、きょう午後3時に2号機が稼働したことでおよそ40万キロワットの供給力を確保することができた。電力供給に一定の上積みを図ることができ、計画停電は当面、実施の必要がない見通しとなった」と述べました。

さらに世耕大臣は「北海道電力と相談し、高橋知事の意見も聞いたうえで、きょうの午後8時半までは引き続き節電に取り組んでもらうこととし、その後は、一律に2割の節電目標を設定することはしないことにしたい」と述べました。

そのうえで世耕大臣は「老朽化した火力発電所のトラブルの可能性はあり、厳しい需給の状態は続くため、連休明けの来週18日以降、午前8時半から午後8時半まで需要減1割の確保に向けて、できるかぎりの節電の協力をお願いしたい」と述べて、20%の節電目標は14日までとしたうえで連休明けの18日以降も需要を1割減らせるように引き続き節電の協力を求めることを明らかにしました。

また世耕大臣は、節電にあたっては子どもやお年寄りの体調に影響を与えたり店舗や工場の操業を大きく制限したりすることのないよう、ライフスタイルの大きな変更を必要としない範囲での協力を求めました。
20%を目標とした北海道での節電要請が14日までとなったことについて、札幌市中心部で話を聞きました。

札幌市に住む60代のパート勤務の男性は「20%の目標がきょうまでとなってよかったです。停電でしばらく苦しい思いをしました。ただ、来週以降も自分なりに節電を続けていきたいです」と話していました。

また、3人の子どもを育てる30代の女性は「子どもも節電の習慣がついてきたので、これからも続けていこうと思っています」と話していました。

北海道 高橋知事 “経済活動に影響与えない限りでの節電を”

北海道の高橋知事は記者団に対し、「子どもや高齢者の体調に影響を与えることなく、店舗の営業、工場の操業、各種イベントを大きく制限するなどライフスタイルを大きく変更しない範囲で、できるかぎりの節電への協力をお願いしたい」と述べました。

そのうえで高橋知事は「今、北海道は、豊じょうの秋を迎えつつあり、一定程度、イベントをやってほしいという思いを持っている」と述べ、経済活動に影響を与えないかぎりでの節電を求めました。

電力供給力回復で節電目標見直し

20%の節電目標が見直されたのは、電力の供給力が回復してきたからです。

北海道電力は今月6日の地震で全域が停電してから、火力や水力発電所を再稼働するなど、供給力の確保を進め、10日には供給力がおよそ350万キロワットになりました。

しかし、地震の前のピーク需要にはおよそ37万キロワット、10%程度不足する状態が続いていました。

こうした中、13日から14日にかけて、京極水力発電所の1号機と2号機が相次いで再稼働し、最大40万キロワットを新たに確保できるようになりました。

このため「電力供給に一定の上積みを図ることができた」として、経済産業省は節電の数値目標は14日までとしました。

これまでの節電の状況

20%を目標とする北海道での節電は、今月10日から始まりました。

20%の節電目標は、地震の前の今月5日の需要と安定して供給できる電力との差がおよそ10%ある中で、病院や上下水道といった節電が難しい施設もあることなどから、企業や家庭などに対する目標として設定されました。

節電が求められたのは平日の午前8時半から午後8時半の間です。

北海道電力が1時間ごとに発表してきた節電率は、14日午後5時まででおよそ9%~20%程度となっています。

北海道でのこれまでの節電について世耕経済産業大臣は「需要減1割の目標はおおむね達成できている。北海道民の取り組みに心から感謝し、助け合いの精神に心から敬意を表したい」述べました。