プーチン大統領 中ロ合同軍事演習を視察

プーチン大統領 中ロ合同軍事演習を視察
ロシアのプーチン大統領は、ロシア軍と中国軍が初めて合同で行っている極東地域での大規模な軍事演習を視察して、両国の連携強化をアピールし、アメリカをけん制しました。
ロシアの極東シベリア地域で行われている軍事演習、「ボストーク2018」は、30万人の兵士のほか3万6000台の戦車や軍用車両が参加する4年に1度の大規模な演習で、ことしは中国の陸軍や空軍からおよそ3200人の兵士が初めて、参加しています。

実弾などを使った本格的な演習が13日から始まるのに合わせて、プーチン大統領は国防相や参謀総長とともにシベリアにある演習場を訪れ、両国の兵士を前に演説しました。

この中でプーチン大統領は「ロシアの軍人に課せられた祖国に対する責務とは、国家の主権、安全、それに国益を守り抜くことだ。もし要請があれば、われわれは同盟国を支援する」と述べ、ロシア軍と中国軍の連携強化をアピールしました。

プーチン大統領は、11日は極東のウラジオストクで習近平国家主席と会談するなど、このところ中国と政治・経済、それに軍事分野でも、急速に接近しつつあります。

プーチン大統領としては、両国の連携強化をアピールし、北朝鮮問題を含む地域の安全保障をめぐって、アメリカをけん制する狙いがあるものと見られます。
ロシアの極東シベリア地域で行われている軍事演習、「ボストーク2018」は、30万人の兵士のほか3万6000台の戦車や軍用車両が参加する4年に1度の大規模な演習で、ことしは中国の陸軍や空軍からおよそ3200人の兵士が初めて、参加しています。

実弾などを使った本格的な演習が13日から始まるのに合わせて、プーチン大統領は国防相や参謀総長とともにシベリアにある演習場を訪れ、両国の兵士を前に演説しました。

この中でプーチン大統領は「ロシアの軍人に課せられた祖国に対する責務とは、国家の主権、安全、それに国益を守り抜くことだ。もし要請があれば、われわれは同盟国を支援する」と述べ、ロシア軍と中国軍の連携強化をアピールしました。

プーチン大統領は、11日は極東のウラジオストクで習近平国家主席と会談するなど、このところ中国と政治・経済、それに軍事分野でも、急速に接近しつつあります。

プーチン大統領としては、両国の連携強化をアピールし、北朝鮮問題を含む地域の安全保障をめぐって、アメリカをけん制する狙いがあるものと見られます。