ロシア政府 平和条約締結提案で攻勢の構え示す

ロシア政府 平和条約締結提案で攻勢の構え示す
ロシアのプーチン大統領が安倍総理大臣に対して年末までに、いかなる前提条件もつけずに平和条約を締結しようと提案したことを受けて、ロシア政府は、副首相が日本側に提案を検討するよう促し、相次いで攻勢の構えを見せています。
プーチン大統領は、ロシア極東のウラジオストクで開かれた国際会議で、12日、安倍総理大臣が平和条約の締結に向けた協力を呼びかけたところ、いかなる前提条件もつけず、年末までに、平和条約を締結しようと提案しました。

国際会議の閉幕にあたって記者会見したトルトネフ副首相は「プーチン大統領の提案はとてもわかりやすく明確だ。まず友人になってから歩みを進めようというものだ。誰が誰に、何をあげるべきといった駆け引きではない」と述べて、日本側に提案を検討するよう促しました。

そして、日ロ両国が北方領土で実現をめざしている共同経済活動に触れて「われわれはもっと早く島の開発を進められる。日本の仲間が活動を始めるのを待っている」と述べました。

12日はモルグロフ外務次官が「われわれは用意ができている」と述べて、日本の外交当局と協議を始めたい意向を示すなど、プーチン大統領の発言を機に、ロシア政府は相次いで攻勢の構えを見せています。