iPhone新製品を発表 画面サイズ最大も

iPhone新製品を発表 画面サイズ最大も
k10011627501_201809130445_201809130447.mp4
アメリカのアップルがiPhoneの新製品を発表しました。カメラ機能を向上させ、画面サイズをこれまでで最も大きくした最高機種の価格は日本円で12万円以上します。
アップルは12日、カリフォルニア州クパチーノの本社にある「スティーブ・ジョブズシアター」でiPhoneの新製品を発表しました。

初代モデルの発売から10周年にあたる去年、発表された「X」の後継機種として画面が5.8インチの「iPhone XS」と、画面がこれまででもっとも大きい6.5インチの「iPhoneXS Max」を披露しました。

いずれもディスプレーには鮮やかな色彩が表現できる有機ELパネルが使われ、カメラ機能を向上させたということです。このうち最高機種の「iPhoneXS Max」は価格が12万4800円からで今月14日から予約の受け付けを始め、21日に発売するということです。顧客層を広げるために価格を抑えたという機種もあわせて披露しました。

アップルのティム・クックCEOは発表会で、「iPhoneを新たなレベルに持って行く。最先端の端末となる」と述べました。

アップルは高価格帯のiPhoneの売り上げの増加に支えられて好調な決算が続いており、先月、会社の規模をみる指標の時価総額がアメリカ企業として初めて1兆ドルを突破しました。

新製品の売れ行きはアップルに部品を供給する日本のメーカーの業績にも大きく影響するだけに消費者の受け止めが注目されます。

新製品の詳細は

新製品は初代iPhoneの発売から10周年を記念して、去年、発売された「iPhone X」の後継で3つの機種があります。

「iPhone XS」は、画面の大きさが5.8インチで価格は11万2800円から、画面がこれまででもっとも大きい6.5インチの「iPhoneXS Max」は、価格が12万4800円からで、どちらも今月14日から予約の受け付けを始め、21日に発売するということです。

2つの機種とも色鮮やかな色彩が表現できる有機ELパネルが使われているほか、撮影した画像の背景などをあとからぼかすことができるようにしてカメラの機能を向上させたとしています。

一方、画面が液晶ディスプレーで6.1インチの「iPhone XR」も発表されました。こちらは価格が8万4800円からで、来月19日から予約の受け付けを始め、26日に発売するとしています。

3つの機種とも端末のほぼ全体を画面にするため、多くの動作の起点となるホームボタンはなく、画面にのせた指を下から上に動かすことでホーム画面を表示できます。ロックを解除する方法は搭載されたカメラで持ち主の顔をあらかじめ登録し、顔で本人かどうか認証します。

一方、3年前に発売された腕時計型の端末のアップルウォッチも刷新されます。
画面が30%ほど大きくなったほか、これまで以上に操作を簡単にできるのが特徴だということです。価格は4万5800円からで、今月14日から予約の受け付けを始め、21日に発売するとしています。

アップルウォッチは、中国で生産しているためトランプ大統領が検討している中国からの輸入品に高い関税をかける制裁措置の対象に含まれています。アップルは関税が値上げにつながるとして、対象から外すよう求めています。

単価引き上げで収益確保か

アメリカの調査会社IDCによりますと、ことし4月から6月までの3か月間に世界で出荷されたスマートフォンの台数は3億4200万台でした。

メーカー別のシェアは、韓国のサムスン電子が20.9%で首位を維持し、次いで中国のファーウェイが15.8%で、前の3か月間の3位から2位に浮上。アップルは12.1%で3位に後退しました。

IDCによりますと、アップルが3か月間の出荷のシェアで3位となったのは2010年の同じ時期以来8年ぶりです。また4位は急成長している中国のシャオミで9.3%、5位は半年前に日本でも販売を始めた中国のOPPOが8.6%で続き、割安なスマートフォンを販売する中国メーカーの躍進が目立っています。

一方、アップルによりますと、この期間に販売されたiPhoneの平均単価は724ドル(8万円余り)で、前の年の同じ時期と比べて19%以上、上がっています。

アップルはシェアの拡大よりも平均単価の引き上げによって、収益の確保を狙っているとみられます。

iPhone日本では高いシェア

スマートフォン市場は、世界的に韓国や中国のメーカーの製品が台頭してきていますが、日本では依然、iPhoneが高いシェアを占めています。

民間の調査会社、「MM総研」によりますと、日本の昨年度のスマートフォンの出荷台数のうち、iPhoneのシェアは49.9%と、データの公表を始めた2009年度から9年連続で1位となっています。

しかし、iPhoneの平均単価が上がる中、日本でも、このところ中国メーカーなどが機能性を向上させた割安な端末を相次いで投入していて、今後、日本のスマートフォン市場の勢力図が変化するのか注目を集めそうです。

日本での予約は14日夕方から

iPhoneの新商品、「iPhone XS」と「iPhoneXS Max」は、日本では14日午後4時1分から、アップルや大手携帯電話会社3社の店頭やウェブサイトで予約の受付が始まります。