防災ヘリ墜落 直前急に速度上がり山の斜面に衝突

防災ヘリ墜落 直前急に速度上がり山の斜面に衝突
k10011574781_201808130521_201808130524.mp4
今月10日、群馬県の防災ヘリコプターが山中に墜落し9人が死亡した事故で、GPSの位置情報の記録などから、ヘリは墜落の直前に急に速度が上がり、山の斜面に衝突していたことがわかりました。現場には機体がおよそ60メートルにわたって散乱していて、警察と国の運輸安全委員会は墜落に至るまでの状況を詳しく調べています。
今月10日、登山道の視察のため飛行していた群馬県の防災ヘリコプター「はるな」が、長野県との境付近の中之条町の山中に墜落し、乗っていた県の防災航空隊の隊員と地元の消防署員合わせて9人が死亡しました。

これまでの調べでGPSの位置情報の記録などから、「はるな」は墜落の3分ほど前にUターンするように旋回していましたが、さらに墜落の直前に時速150キロ近くまで急に速度が上がり、山の斜面に衝突していたことがわかりました。

また、国の運輸安全委員会が調べたところ、現場にはメインローターなど機体がおよそ60メートルにわたって散乱していました。

警察と国の運輸安全委員会は、墜落に至るまでの状況を詳しく調べています。