強盗傷害や窃盗容疑の男 留置場から逃走 大阪 富田林署

強盗傷害や窃盗容疑の男 留置場から逃走 大阪 富田林署
k10011574711_201808130447_201808130452.mp4
12日夜、大阪の富田林警察署で強盗傷害などの疑いで逮捕・起訴されていた30歳の男が留置場から逃走しました。警察は顔写真を公開して捜査していますが、まだ行方はわかっていません。
警察によりますと、逃走したのは、強盗傷害や窃盗などの罪で起訴され、今月8日に性的暴行未遂などの疑いで再逮捕されていた樋田淳也容疑者(30)です。

樋田容疑者は、12日午後7時半ごろから留置場内にある面会室で弁護士と接見していましたが、午後9時45分ごろに署員が確認に行ったところ、いなくなっていました。

接見は面会者との間を隔てる透明なアクリル板越しに行いますが、アクリル板が押し破られて片側が枠から外れ、隙間ができていたということです。

樋田容疑者は、接見が終わり弁護士が部屋を出たあとに逃走したとみられていますが、目撃した署員がいないため、いつ外に出たのかはわかっていません。

弁護士との接見には、原則、時間の制限はなく、接見中は警察官は立ち会わないということです。

逃走した樋田容疑者は身長が1メートル63センチと小柄で、逃走した際は黒のジャージにグレーのスウェットパンツ姿だったということです。

警察は顔写真を公開し逃走の疑いで行方を捜査していますが、まだ行方はわかっていません。

富田林警察署は「逃走した容疑者の確保に向け捜査を尽くす」とコメントする一方、住民に対し注意を呼びかけています。

逃走した樋田容疑者とは

逃走した樋田淳也容疑者(30)は、ことし6月に窃盗などの疑いで逮捕され、先月起訴されました。

その後、別の強盗傷害事件でも追起訴されさらに、今月8日には、大阪府内のマンションで20代の女性に性的暴行をしようとした疑いで再逮捕されていました。

また、警察はことし5月に大阪の羽曳野警察署で敷地内に止めてあった捜査車両が全焼し、証拠品の自転車が焼けた放火事件にも樋田容疑者が関わったとみて裏付け捜査を進めていました。

公立小中学校に安全確保徹底を通達

容疑者の逃走を受け、富田林市の教育委員会は、13日朝、市内にある公立の24の小中学校すべてに安全確保を徹底するよう一斉メールで通達を出しました。

教育委員会によりますと、学校は夏休み期間中ですが、部活動などで学校に来る生徒もいるということです。

通達では、できるかぎり複数で登下校することや学校に対して門の管理を徹底し、不審者を見かけた場合は警察に通報するよう呼びかけています。

付近住民「早く捕まってほしい」

富田林警察署の近くに住み、7歳の子どもがいるという44歳の父親は「夜になんでという気持ちです。不安にさせたくないので子どもには言っていないです。無事に早く捕まってほしい」と話していました。

また、23歳の女性は「怖くて女の子1人では道を歩けないです。早く事件が解決してほしい」と話していました。