日航機墜落事故33年 遺族などが参列し追悼慰霊式

日航機墜落事故33年 遺族などが参列し追悼慰霊式
k10011574471_201808121915_201808121916.mp4
520人が犠牲となった日航ジャンボ機の墜落事故から12日で33年となり、墜落現場の群馬県上野村では午後6時から追悼慰霊式が行われ、遺族などが黙とうをして犠牲者を追悼しました。
昭和60年8月12日、お盆の帰省客などを乗せた日本航空のジャンボ機が群馬県上野村の山中に墜落し、国内の航空機事故としては最も多い520人が犠牲になりました。

事故から33年となった12日、上野村では朝早くから遺族などが墜落現場の「御巣鷹の尾根」を目指して慰霊の登山を行い、墓標や慰霊碑に手を合わせて犠牲者を悼みました。

午後6時からは、山のふもとにある「慰霊の園」で遺族や日本航空の関係者などが参列して追悼慰霊式が行われ、犠牲者の数と同じ520本のろうそくに火をともしました。そして、墜落時刻の午後6時56分に全員で黙とうをして犠牲者を追悼するとともに、悲惨な事故が繰り返されることがないよう祈りました。

群馬県内では10日、県の防災ヘリコプターが中之条町の山中に墜落し、乗っていた9人が死亡したほか、去年11月にも上野村で、ヘリコプターが墜落して4人が死亡する事故が起きていて、会場を訪れた遺族からは改めて空の安全を願う声が多く聞かれました。