夏の甲子園 済美が史上初の逆転サヨナラ満塁弾で星稜に勝利

夏の甲子園 済美が史上初の逆転サヨナラ満塁弾で星稜に勝利
100回の記念大会となる夏の全国高校野球、8日目の第3試合で、愛媛の済美高校が石川の星稜高校にタイブレークに入った延長13回、大会史上初となる逆転サヨナラ満塁ホームランで13対11で勝ちました。
星稜は1回、打者一巡の攻撃で5点を先制すると、3回と5回にも追加点を挙げて、終盤まで7対1としました。

これに対し、済美は8回、打線がつながって1点差に詰め寄ると、9番の政吉完哉選手がスリーランホームランを打ってこの回8点を挙げ、9対7と初めてリードしました。

追う展開となった星稜は直後の9回、5番の竹谷理央選手のタイムリーヒットなどで2点差を追いつき、試合は延長戦に入りました。そして、9対9の同点のまま延長13回となり、今大会2試合目のタイブレークに持ち込まれました。

タイブレークはノーアウト一塁二塁から攻撃が始まり、星稜は13回、スクイズなどで2点を勝ち越し、11対9としました。

粘る済美はその裏、1番の矢野功一郎選手が大会史上初となる逆転サヨナラ満塁ホームランを打って13対11で勝ち、3回戦に進みました。
星稜は1回、打者一巡の攻撃で5点を先制すると、3回と5回にも追加点を挙げて、終盤まで7対1としました。

これに対し、済美は8回、打線がつながって1点差に詰め寄ると、9番の政吉完哉選手がスリーランホームランを打ってこの回8点を挙げ、9対7と初めてリードしました。

追う展開となった星稜は直後の9回、5番の竹谷理央選手のタイムリーヒットなどで2点差を追いつき、試合は延長戦に入りました。そして、9対9の同点のまま延長13回となり、今大会2試合目のタイブレークに持ち込まれました。

タイブレークはノーアウト一塁二塁から攻撃が始まり、星稜は13回、スクイズなどで2点を勝ち越し、11対9としました。

粘る済美はその裏、1番の矢野功一郎選手が大会史上初となる逆転サヨナラ満塁ホームランを打って13対11で勝ち、3回戦に進みました。

済美 矢野「入った瞬間は頭が真っ白」

100回を迎えた夏の全国高校野球で大会史上初となる逆転サヨナラ満塁ホームランを打った済美高校の矢野功一郎選手は、「あまりいい感触はなく入るとは思っていませんでした。入った瞬間は頭が真っ白で、ほっとしたという気持ちが大きいです」とホームランを打った時の場面を振り返りました。

そのうえで「エースの山口直哉投手がしっかり踏ん張って相手を抑えてくれていたので自分たちが打ってやろうという声がベンチで出ていた。その中で、自分が打ててほっとしています。今までで最高の1日です」と話していました。

済美 中矢監督「うまく打線がつながってよかった」

済美高校の中矢太監督は「苦しい試合になるとは想像していましたがこんな試合になるとは思っていませんでした。びっくりしています」と興奮気味に話していました。

そのうえで、「あきらめずにとにかく1点ということでなんとか辛抱強くランナーをためて攻撃しようと言っていたが、うまく打線がつながってよかった」と振り返っていました。

そして次に向けて、「粘り強く試合をしようという中で勝ちをつかめたので、この勝ちが次につながるようしっかり準備をして戦いたいと思います」と話していました。

星稜 竹谷主将「ファウルになってくれと思いながら追いかけた」

星稜高校のキャプテン、竹谷理央選手は、ライトの守備位置で大会史上初となった逆転サヨナラ満塁ホームランの打球を追いました。

竹谷選手は、「ファウルになってくれと思いながらボールを追いかけていました。一瞬、何が起こったのかわからなくなり、相手選手がダイヤモンドを回っているのを見て負けたんだと気がつきました。悔しいですが、9回に追いつくなど最後まで諦めずに戦えたことを誇りに思います」と話していました。

星稜 林監督「勝たせてあげられなかったのは私の力の無さ」

星稜高校の林和成監督は、「相手のエース山口直哉投手の気持ちの強さが上回ったのだと思います。9回は3年生がつないで同点に追いついて、3年生の力を見せてもらいました。勝たせてあげられなかったのは私の力の無さだと思います」と話していました。