防災ヘリ墜落事故 「位置情報の途絶」県の把握は40分後

防災ヘリ墜落事故 「位置情報の途絶」県の把握は40分後
10日、群馬県の防災ヘリコプターが山中に墜落し9人が死亡した事故で、ヘリのGPSの位置情報が途絶えたことを県の防災航空隊が把握したのは、およそ40分後だったことがわかりました。県は今後、システムの運用に問題がなかったか検討したうえ、マニュアルなどを整備したいとしています。
群馬県によりますと、「はるな」はGPSの位置情報の記録で、10日午前9時58分から墜落現場近くの上空で急に旋回を始め、3分後の午前10時1分に記録が途絶えました。

しかし、前橋市のヘリポートにある県の防災航空隊の事務所では、当時、隊員が位置情報を確認できる端末でヘリの状況をチェックしておらず、位置情報が途絶えたことに気付いたのはおよそ40分後の午前10時40分ごろでした。この間、ヘリコプターの異常には気付かなかったということです。

GPSの位置情報を知らせるシステムは、去年4月に導入され、群馬県はヘリの位置や高度、それに速度などを20秒置きに記録できるよう設定していました。一方、位置情報などを常にチェックする体制はとっておらず、運用のルールも決まっていなかったということで、群馬県は今後、システムの運用に問題がなかったか検討したうえ、マニュアルなどを整備したいとしています。