港で貝採りの高校生死亡 北海道 石狩

港で貝採りの高校生死亡 北海道 石狩
k10011574431_201808122052_201808122054.mp4
12日午後、北海道石狩市の港で貝を採ろうと海に入っていた男子高校生が沈んでいるのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認されました。警察は、海で溺れたとみて当時の状況を詳しく調べています。
12日午後1時すぎ、石狩市新港東4丁目の石狩湾新港で、「高校生の孫が溺れている」と近くにいた祖父から警察に通報がありました。

警察などが捜索したところ、札幌市南区澄川の高校3年生、中村大貴さん(18)が海に沈んでいるのが見つかり、およそ10分後に近くにいた人に陸へ引き上げられましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察などによりますと、中村さんは祖父の会社の関係者らと12日朝からバーベキューに来ていて、仲間と2人で港の岸壁の周辺で貝を採ろうとしていたということです。警察は海で溺れたとみて当時の状況を詳しく調べています。