ダムの女性遺体 大阪市の20代女性か 兵庫 加古川

ダムの女性遺体 大阪市の20代女性か 兵庫 加古川
11日、兵庫県加古川市のダムで衣装ケースに入れられた女性の遺体が見つかった事件で、所持品などから遺体は大阪市に住む20代の女性と見られることが捜査関係者への取材でわかりました。警察は現場周辺を捜索し、遺留品などが残されていないか調べています。
加古川市平荘町中山の権現ダムでは11日、透明な衣装ケースに入った若い女性の遺体が見つかりました。

これまでの調べによりますと、女性に目立った外傷はなく、この数日以内に遺棄されたと見られるということで、警察は12日午前から現場周辺の捜索を始め、ドローンを使って遺留品などが残されていないか調べています。

捜査関係者によりますと、これまでの捜査で、名前や住所などが記された所持品が見つかっているということで、警察は遺体は大阪市に住む20代の女性と見て確認を進めるとともに、死体遺棄事件として女性の足取りや交友関係などを捜査しています。
加古川市平荘町中山の権現ダムでは11日、透明な衣装ケースに入った若い女性の遺体が見つかりました。

これまでの調べによりますと、女性に目立った外傷はなく、この数日以内に遺棄されたと見られるということで、警察は12日午前から現場周辺の捜索を始め、ドローンを使って遺留品などが残されていないか調べています。

捜査関係者によりますと、これまでの捜査で、名前や住所などが記された所持品が見つかっているということで、警察は遺体は大阪市に住む20代の女性と見て確認を進めるとともに、死体遺棄事件として女性の足取りや交友関係などを捜査しています。