夏の甲子園 二松学舎大付が5-2で広陵に勝ち3回戦に

夏の甲子園 二松学舎大付が5-2で広陵に勝ち3回戦に
100回の記念大会となる夏の全国高校野球、8日目の第1試合は、東東京の二松学舎大付属高校が去年準優勝の広島の広陵高校に5対2で勝って3回戦に進みました。
二松学舎大付属は1回、4番・保川遙選手の2点タイムリーツーベースで先制しました。5回に同点とされましたが、7回に1番・右田稜真選手の2点タイムリーヒットと保川選手のこの試合2本目となるタイムリーヒットで3点を勝ち越しました。二松学舎大付は2人のピッチャーの継投で5対2で勝ち、2年連続の初戦突破です。広陵は相手を上回る10本のヒットを打ちましたが、チャンスであと1本が出ず、初戦で敗退しました。
二松学舎大付属は1回、4番・保川遙選手の2点タイムリーツーベースで先制しました。5回に同点とされましたが、7回に1番・右田稜真選手の2点タイムリーヒットと保川選手のこの試合2本目となるタイムリーヒットで3点を勝ち越しました。二松学舎大付は2人のピッチャーの継投で5対2で勝ち、2年連続の初戦突破です。広陵は相手を上回る10本のヒットを打ちましたが、チャンスであと1本が出ず、初戦で敗退しました。

二松学舎大付 保川「一番うれしい打席」

先制の2点タイムリーツーベースを打った4番の保川遙選手は、「チャンスで回ってきたので次につなぐことを意識して打席に入りました。結果が出たので、今までで一番うれしい打席になりました。追いつかれた後も落ち着いてやれば勝ち越せると思っていました」と試合を振り返りました。また次の試合について「自分たちらしく粘り強い野球をして勝ちたいです」と意気込んでいました。

二松学舎大付 右田「打った瞬間抜けたのがわかった」

7回に勝ち越しの2点タイムリーヒットを放った二松学舎大付属高校の右田稜真選手は、「監督にはゴロを打つように言われていた。みんなもつないでいたので、初球から積極的に思い切って振りました。打った瞬間抜けたのがわかったので気持ちがよかったです」とうれしそうに振り返りました。また「ベスト8以上に行くことを目標に次の試合も頑張ります」と意気込んでいました。

二松学舎大付 市原監督「終盤は落ち着いてプレーできた」

二松学舎大付属高校の市原勝人監督は、「速いボールを打つ練習はしてきましたが、広陵の森投手のボールにキレがあったので、なかなか点を取ることができませんでした。選手には日頃から試合の終盤は落ち着いて野球をやるように話していたが、きょうはそのとおりにプレーをしてくれました」と振り返りました。

また4回の途中からマウンドに上がり、5回と3分の1を投げてホームランの1点に抑えた岸川海投手について、「ホームランを打たれながらも最後まで粘り強く落ち着いた投球をしてくれました」と話していました。

広陵 猪多主将「生き生きとしたプレーを見せられた」

広陵高校のキャプテン、猪多善貴選手は、「野球ができることに改めて感謝した夏でした。広島県の代表として最後まで諦めず、生き生きとしたプレーを見せられたので、悔いはないです」と話していました。

広陵 森「被災地にあきらめない姿を届けた」

広陵高校の先発・森悠祐投手は、「試合の序盤はボールが低めにいかず、苦しいピッチングになりました。先月の豪雨で被災した広島県の人たちに少しでも明るいニュースを届けたかったので、本当に悔しいですが、最後まであきらめない姿は見てくれたと思います」と話していました。