サッカーJ1 8試合の結果

サッカーJ1 8試合の結果
サッカーJ1は第21節の8試合が行われ、ヴィッセル神戸はスペイン代表として活躍したイニエスタ選手が来日初ゴールを挙げ、ジュビロ磐田に競り勝ちました。
ヴィッセルは移籍後3試合目の出場となったイニエスタ選手が、前半15分に元ドイツ代表のポドルスキ選手からのパスを受けて先制ゴールを決めました。ヴィッセルは2対1で勝ち、順位を1つ上げて4位に浮上しました。

首位のサンフレッチェ広島はV・ファーレン長崎に2対0で勝ち、勝ち点を48に伸ばしました。2位のFC東京が10日に敗れたため、両チームの勝ち点の差は「8」に広がりました。

3位の川崎フロンターレは、アウェーで清水エスパルスに2対1で勝ちました。開始直後に先制点を奪われましたが、小林悠選手の2試合連続ゴールなどで逆転勝ちしました。

このほか、北海道コンサドーレ札幌対セレッソ大阪は1対1で引き分けました。コンサドーレは4位から5位に後退しました。セレッソは7試合勝ちがありません。

名古屋グランパス対鹿島アントラーズは、グランパスが4対2で勝ちました。金井貢史選手の2ゴールなどで快勝し、今シーズン初の3連勝です。

柏レイソル対ベガルタ仙台は、ベガルタが2対0で勝ちました。ベガルタは順位を4つ上げて8位に浮上しました。

湘南ベルマーレ対横浜F・マリノスは、F・マリノスが1対0で勝ち、連敗を3で止めました。

サガン鳥栖対浦和レッズはサガンが1対0で勝ち、2連勝です。レッズは8試合ぶりの黒星です。