女子ゴルフ国内ツアー 韓国のファンが首位守る

女子ゴルフ国内ツアー 韓国のファンが首位守る
女子ゴルフの国内ツアーは長野県軽井沢町で第2ラウンドが行われ、韓国のファン・アルム選手がスコアを5つ伸ばして2位に6打差をつけ、首位を守りました。
3打差の首位でスタートしたファン選手は、前半だけで4つのバーディーを奪ってスコアを伸ばしました。

その後、11番、12番と連続でボギーをたたきましたが、15番と16番でバーディーを奪って盛り返し、第2ラウンドはバーディー7つ、ボギー2つでスコアを5つ伸ばし、通算14アンダーで首位を守りました。

2位には6打差の通算8アンダーで韓国のシン・ジエ選手がつけました。

3位には6番のパー4でイーグルを奪った木戸愛選手や若林舞衣子選手など、日本選手4人が通算7アンダーで並んでいます。

去年のこの大会で優勝し、今月行われた海外メジャー大会の全英女子オープンで4位となった比嘉真美子選手は、バーディー8つ、ボギー1つでスコアを7つ伸ばし、87位から18位に浮上しました。