人気アニメ 舞台のモデル神社 鳥居の柱崩壊 埼玉 久喜

人気アニメ 舞台のモデル神社 鳥居の柱崩壊 埼玉 久喜
k10011573661_201808111813_201808111813.mp4
人気アニメの舞台のモデルとして知られる埼玉県久喜市の鷲宮神社で、高さがおよそ6メートルある鳥居の柱が折れ、崩れているのが見つかりました。
11日午前11時前、埼玉県久喜市の鷲宮神社の近くで、車に乗っていた男性から車と鳥居がぶつかったという内容の通報が警察にありました。

警察官が現場に駆けつけたところ、鳥居は柱の根元から折れて崩れ落ち、車は後部のトランクがへこんでいて、けが人はいなかったということです。

当時の詳しい状況や柱が折れた原因などは明らかにされていませんが、神社によりますと、鳥居は高さがおよそ6メートルあり、柱を最後に替えたのはおよそ50年前だということです。

神社は老朽化によって柱が折れた可能性もあるとみて原因を調べています。

鷲宮神社は、女子高校生たちの日常を描いた人気アニメ、「らき☆すた」の舞台のモデルとなった神社で、アニメ作品にゆかりのある場所を訪ねるいわゆる“聖地巡礼”ブームの先駆けとなった場所として知られています。