甲子園 八戸光星 相手の大声援に負けず初戦突破

甲子園 八戸光星 相手の大声援に負けず初戦突破
大会7日目、第2試合では青森の八戸学院光星高校が相手への大声援にも負けず、2年ぶりに初戦を突破しました。
この試合、序盤から強力打線がつながった八戸学院光星は最大で6点をリードしましたが、粘る西兵庫の明石商業に追い上げられ、7回ウラに同点とされました。

嫌な流れを変えようと八戸学院光星は8回ウラ、3人目の中村優惟投手をマウンドに送りましたが、地元の明石商業への大声援に押されてフォアボールとデッドボールで1アウト一塁二塁のピンチを招きます。

ここで中村投手は「すごい声援だったが、この状況で野球ができることを楽しもう」と気持ちを切り替えてゴロと三振で切り抜けました。

続く9回ウラも2アウト二塁というサヨナラのピンチを迎えながら、「攻める気持ちで投げた」とピッチャーゴロに抑えます。

迎えた延長10回表、2アウト一塁二塁のチャンスで打席に入ったのが中村投手です。

追い込まれながらもスライダーに食らいついてレフト前ヒット。二塁ランナーが決勝のホームを踏みました。

投打に活躍した中村投手は「相手の大声援を自分の力にすることができた。一塁ベースで決勝のホームインを見たときは本当にうれしかった」と話していました。

八戸学院光星の仲井宗基監督は中村投手について「入学当初は甲子園で投げる姿なんて想像できなかった。それでも努力を重ねて技術と精神力を磨いてきた。だからこそ緊迫した場面も任せられた」と話していました。

2年前の夏、愛知の東邦高校との2回戦で相手に送られた大声援にのまれて最大7点差を逆転されてサヨナラ負けした八戸学院光星。

ことしは相手への声援を力に変えて勝ち上がりました。