全米プロ選手権第2ラウンド 松山暫定23位 池田16位

全米プロ選手権第2ラウンド 松山暫定23位 池田16位
男子ゴルフの今シーズンメジャー最終戦、全米プロ選手権は10日、ミズーリ州で第2ラウンドが行われ、松山英樹選手は8ホールを残して通算3アンダーの暫定23位となっています。
第2ラウンドは悪天候のためサスペンデッドとなり、多くの選手が競技を終えることができませんでした。

メジャー初制覇を目指す松山選手は16位でスタートしたこのラウンド、10番まで回ってバーディー3つ、ボギー2つで8ホールを残して通算3アンダーの暫定23位となっています。

池田勇太選手は前半を終えバーディー2つ、ボギーなしで通算4アンダーの暫定16位につけています。

このほかの日本勢は、小平智選手が競技を終えて通算1アンダーで暫定49位、また、時松隆光選手が通算4オーバーでラウンドを終えました。

今平周吾選手と宮里優作選手は競技を終えられず、今平選手が通算3オーバー、宮里選手が通算11オーバーとなっています。

首位でスタートしたアメリカのゲイリー・ウッドランド選手が通算10アンダーで暫定のトップに立っています。