夏の甲子園 初出場の折尾愛真 大敗も新たな歴史作る

夏の甲子園 初出場の折尾愛真 大敗も新たな歴史作る
大会6日目の第2試合、春夏通じて初出場となった北福岡の折尾愛真高校は大舞台で思うようなプレーができませんでしたが、初ホームランを打つなどチームの新たな歴史を作りました。
この試合、折尾愛真は先発の小野剛弥投手が立ち上がり、優勝経験もある日大三高の強打を意識しすぎてコントロールに苦しみました。

1回、1アウトから2つのフォアボールとデッドボールで満塁のピンチを招き、続くバッターに押し出しのフォアボール。なおも満塁から連続タイムリーを打たれて1回途中6失点でマウンドを降りました。

これで浮き足だった折尾愛真はこのあと、投手陣が打ち込まれ、16失点とほろ苦い結果になりました。

試合後、小野投手は「低めのボールを見逃されてカウントが苦しくなった。自分を信じられず、ピンチでバタバタしてしまった」と涙ながらに話しました。

奥野博之監督は「小野は大胆にいけず、本来の投球ができなかった。初めての甲子園の雰囲気にのまれてしまった部分があるかもしれない」と敗因を語りました。

それでも8回の攻撃前、ベンチで奥野監督から「最後まで持ち味のバッティングを貫こう」と呼びかけられると、選手たちは地方大会で10本のホームランを打った意地をみせました。

この回、ランナーを1人置いて2年生の斉藤隼人選手がツーランホームランを打ち、初めての甲子園で新たな歴史を作りました。

奥野監督は「チームの歴史の中で、ホームランが1本出たことは大きかった。今回、いろんな勉強をさせてもらったので、強いチームを作って再びこの舞台に戻りたい」と話していました。
この試合、折尾愛真は先発の小野剛弥投手が立ち上がり、優勝経験もある日大三高の強打を意識しすぎてコントロールに苦しみました。

1回、1アウトから2つのフォアボールとデッドボールで満塁のピンチを招き、続くバッターに押し出しのフォアボール。なおも満塁から連続タイムリーを打たれて1回途中6失点でマウンドを降りました。

これで浮き足だった折尾愛真はこのあと、投手陣が打ち込まれ、16失点とほろ苦い結果になりました。

試合後、小野投手は「低めのボールを見逃されてカウントが苦しくなった。自分を信じられず、ピンチでバタバタしてしまった」と涙ながらに話しました。

奥野博之監督は「小野は大胆にいけず、本来の投球ができなかった。初めての甲子園の雰囲気にのまれてしまった部分があるかもしれない」と敗因を語りました。

それでも8回の攻撃前、ベンチで奥野監督から「最後まで持ち味のバッティングを貫こう」と呼びかけられると、選手たちは地方大会で10本のホームランを打った意地をみせました。

この回、ランナーを1人置いて2年生の斉藤隼人選手がツーランホームランを打ち、初めての甲子園で新たな歴史を作りました。

奥野監督は「チームの歴史の中で、ホームランが1本出たことは大きかった。今回、いろんな勉強をさせてもらったので、強いチームを作って再びこの舞台に戻りたい」と話していました。