フォアボールも打席を続く… 広島対中日の試合

フォアボールも打席を続く… 広島対中日の試合
9日夜、広島市のマツダスタジアムで行われたプロ野球の広島対中日の試合で、球審がボールカウントを勘違いして、フォアボールになっても打席を続行させるミスがありました。
ミスがあったのは広島対中日の3回の広島の攻撃、ワンアウトランナーなしでの4番、鈴木誠也選手の打席です。

この打席、スリーボールツーストライクからの8球目がボールになり、本来であればフォアボールとなって鈴木選手が出塁する場面でした。

しかし、球審がボールカウントを勘違いし、さらに、鈴木選手や両チームからの指摘もなかったため、そのまま打席が続行されました。

このあと、鈴木選手はファウルを挟んで10球目を打ってセカンドゴロに倒れました。

この試合の責任審判で一塁塁審を務めた森健次郎審判員は「正しいボールカウントに気づけなかった。記録はセカンドゴロで変わらないが、球審だけでなく、塁審も含めたミスだった」と話していました。

広島の緒方監督は「ミスを指摘できなかったベンチも大きな責任です。すみません」と話していました。