新手のメール攻撃 国内で数百万通か 盆休み明けに注意を

新手のメール攻撃 国内で数百万通か 盆休み明けに注意を
k10011571311_201808100520_201808100522.mp4
今月に入って、ウイルスに感染させようとする新たな手口の不審なメールが、国内の企業などに大量に送りつけられていたことがわかりました。手口が巧妙化していることから、情報セキュリティー企業は、お盆休み明けなどに不審なメールを不用意に開かないよう注意を呼びかけています。
情報セキュリティー企業の「キヤノンITソリューションズ」によりますと、このメールは「写真添付」などの題名で、ファイル名の末尾が「iqy」となっている添付ファイルとともに送りつけられます。

この添付ファイルはマイクロソフト社の表計算ソフト「エクセル」の機能を悪用していて、対策ソフトによってはメールを受信してもウイルスとして検知できません。しかし、ファイルを開こうとすると確認ボタンが表示され、これを押すとウイルスに感染してしまいます。

国内のある企業では、こうしたメールが今月6日から8日にかけて3万通を超える規模で送りつけられていて、国内全体では数百万通に上るおそれがあるということです。

ウイルスメールの手口は年々巧妙化していて、キヤノンITソリューションズの石川堤一さんは「お盆の時期にも攻撃が続くおそれがあるので、休み明けのメールチェックには十分注意してほしい」と話しています。