「校庭80周走れ」部活顧問に命じられた生徒 熱中症に 大津

「校庭80周走れ」部活顧問に命じられた生徒 熱中症に 大津
大津市の中学校で12日、ソフトテニス部の顧問に「ミスが目立つ。校舎の周りを80周走れ」と指示された2年生の男子部員が走っている途中に熱中症で倒れ、救急搬送されていたことがわかりました。中学校側は14日に開いた会見で、「理不尽な指導で大変申し訳ない」と謝罪しました。
大津市の教育委員会は、14日に開いた会見で、市立南郷中学校のソフトテニス部の2年生の男子部員が、12日夕方、練習中に倒れ、救急搬送されたことを明らかにしました。

倒れた男子部員は、顧問の31歳の男性教諭から「サーブミスが目立つ。校舎の周りを80周走れ」と指示され、暑さの中、1人で走り始めましたが、およそ30分後に駐輪場で倒れているのが見つかりました。

男子生徒は、救急搬送され熱中症と診断されましたが、現在は回復しているということです。

教育委員会によりますと、校舎1周はおよそ230メートルあり、この日の大津市の気温は、午後5時でも30度を超えていたということです。

会見に出席した南郷中学校の木塚聡明校長は「教員の理不尽な指導により、一歩間違えば生徒の生死に関わる事案を起こしてしまい大変申し訳ない」と謝罪しました。

また、大津市の越直美市長は「生徒と保護者に心からおわびをする。教育委員会には再発防止のため部活の指導の在り方について検証してもらいたい」と話しています。