「北朝鮮 スポーツの国際交流に意欲」国際体操連盟会長

「北朝鮮 スポーツの国際交流に意欲」国際体操連盟会長
北朝鮮を訪問していた国際体操連盟の渡辺守成会長は14日、帰途につき、北朝鮮側は、スポーツを通じた国際交流に意欲を示したということで、東京オリンピックなどへの参加を見据えて交流を活発化させるものとみられます。
国際体操連盟の渡辺会長は、北朝鮮体操協会の招待を受けて14日まで3日間の日程で、ピョンヤンを訪問し、14日午前、経由地の中国 北京の空港に到着しました。

渡辺会長は滞在中、北朝鮮のキム・イルグク体育相らと会談し、北朝鮮側は「スポーツを通じて国際社会の扉を開いていきたい」と述べて、スポーツを通じた国際交流に意欲を示したということです。

今回の会談で、北朝鮮側からは再来年の東京オリンピックについて言及はなかったということです。

しかし、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は、先に行われたIOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長との会談で、東京オリンピックなどへの参加の意向を示していて、今後、スポーツによる国際交流を活発化させるものとみられます。