豪雨で被災の店 1週間ぶりに再開 岡山 倉敷 真備町

豪雨で被災の店 1週間ぶりに再開 岡山 倉敷 真備町
k10011533391_201807141510_201807141511.mp4
記録的な豪雨となった岡山県倉敷市真備町で、ディスカウントストアが1週間ぶりに営業を再開し、飲料水などを買い求める人が大勢訪れていました。
倉敷市真備町川辺のディスカウントストア「ディオ」は、記録的な豪雨で、およそ5メートルの高さまで水につかったため、営業を見合わせていました。

水が引いたあと、清掃作業を終えた店舗で14日、1週間ぶりに営業を再開すると、早速多くの人たちが訪れていました。

買い物客は、片づけに使うゴミ袋やティッシュ類などの生活用品それに飲料や氷などを買い求めていました。

店員の小野智史さんは「開店して『ありがとう』とか『頑張ったね』と言ってくれたのがうれしかったです」と話していました。

この店では当面、通常24時間の営業を朝8時から夜8時までに限定して営業を続けるということです。