各地で猛烈な暑さ 岐阜 多治見で38度7分 あすも熱中症警戒

各地で猛烈な暑さ 岐阜 多治見で38度7分 あすも熱中症警戒
k10011533351_201807141709_201807141709.mp4
西日本と東日本では内陸を中心に国内でことし初めて気温が38度を超えるなど各地で猛烈な暑さとなっています。熱中症に警戒が必要で、特に記録的な豪雨の被災地では熱中症のリスクが高まっているとして、気象庁はできるかぎりの対策を取るよう呼びかけています。
気象庁によりますと、西日本と東日本を中心に広い範囲で高気圧に覆われて強い日ざしが照りつけ、気温が上がっています。

午後4時半までの最高気温は、岐阜県多治見市で38度7分、京都市で38度5分、三重県松阪市飯南で38度2分まで上がり、ことし国内で初めて最高気温が38度を超えて猛烈な暑さとなっています。

さらに山梨県甲州市で37度6分、大分県日田市で37度4分、広島県三次市で37度1分、岡山県高梁市で37度ちょうど、愛媛県大洲市で36度2分、福島市で35度5分、東京の都心で35度4分などと、記録的な豪雨の被災地を含む広い範囲で35度以上の猛暑日になっています。各地でことしいちばんの暑さとなり、東京の都心でもことし初めての猛暑日となりました。

各地で熱中症に警戒が必要で、特に豪雨の被災地では避難所での生活など環境の変化によってより熱中症のリスクが高まっているとして、気象庁は、水分や塩分の補給をふだん以上にこまめに行ったり、復旧作業の際には日陰で十分に休息を取ったりするなど、できるかぎりの対策を取るよう呼びかけています。

一方、気温の上昇に伴って大気の状態が不安定になるため、局地的に急な雷雨が発生するおそれもあります。

被災地では、今も地盤が緩んでいたり、土砂や流木で川の流れが悪くなっていたりする所も多いため、引き続き土砂災害や川の氾濫にも十分な注意が必要です。