「商品使い続け がんに」と訴え 米医薬品大手に賠償命じる

「商品使い続け がんに」と訴え 米医薬品大手に賠償命じる
アメリカの医薬品大手「ジョンソン・エンド・ジョンソン」は、「商品のベビーパウダーなどを使い続けたことで、がんになった」と主張する女性たちから訴えられていて、裁判所は日本円で5000億円余りの支払いを命じました。「ジョンソン・エンド・ジョンソン」は、商品と発がんとの関連を否定していて、上訴する方針です。
ジョンソン・エンド・ジョンソンは、「商品のベビーパウダーなどの原料に発がん性物質が含まれていて、そうした商品を使い続けたことで卵巣がんになった」とする女性の消費者22人から賠償を求める訴えを起こされていました。

中西部ミズーリ州の裁判所の陪審は12日、女性たちの訴えを認め、ジョンソン・エンド・ジョンソンに対し、46億9000万ドル(日本円で5000億円余り)の支払いを命じる評決を言い渡しました。

評決を受けて、女性たちの弁護士は「さらなる被害者を出す前に、商品を回収すべきだ」というコメントを発表しました。

一方、ジョンソン・エンド・ジョンソンはホームページにコメントを出し、「商品が卵巣がんの原因にはならないと確信している。今回の評決を覆すため、あらゆる手段を講じていく」として、上訴する方針を示しています。