故人のSNSは「遺産」 相続認める ドイツ裁判所

故人のSNSは「遺産」 相続認める ドイツ裁判所
ドイツで列車にはねられて死亡した少女の母親が少女のSNSへのアクセスを認めるよう求めた裁判で、SNSのアカウントは日記などと同様に「遺産」に相当するとして母親に相続とアクセスの権利を認める判断が示されました。SNSのアカウントを「遺産」とみなす判断は珍しく注目されています。
この裁判はドイツで列車にはねられて死亡した15歳の少女の母親が世界最大規模のSNSを運営するアメリカのフェイスブックを相手に起こしたものです。

母親は娘が死に至った理由の手がかりを見つけたいと少女のアカウントへのアクセスを求めましたが、フェイスブック側はプライバシーを理由にアカウントをロックしアクセスを認めませんでした。

これについてドイツの連邦裁判所は12日の判決でSNSのアカウントは日記や手帳と同様に故人の「遺産」に相当するという判断を示しました。

そのうえでアカウントの所有権は相続人に移行されるべきだとして、母親に相続とアクセスの権利を認めたということです。

フェイスブックは利用者が生前に死後のアカウントの管理人を指定できますが、この場合でも管理人は生前のメッセージのやり取りなどを見ることはできません。

SNSの利用が拡大する中、死亡した人のアカウントを「遺産」とみなした司法判断は珍しく、今後、SNSの管理をめぐって広く影響を及ぼす可能性もあり、注目されています。