タイ洞窟 迫る水…奥へ奥へ 10日間水だけ飲み 遭難状況明らかに

タイ洞窟 迫る水…奥へ奥へ 10日間水だけ飲み 遭難状況明らかに
k10011532091_201807131943_201807131944.mp4
タイ北部の洞窟から救出された少年など13人は先月23日に洞窟に入った際、奥深くへ入るつもりはなかったものの、次第に迫る水に追われ奥へ奥へと逃げざるを得なくなったという遭難当時の状況が少年たちの保護者への取材でわかりました。
先月23日の遭難当時の状況について、少年たちから話を聞いた複数の保護者がNHKの取材に応じました。

それによりますと、少年たちは「祈りのため洞窟に入り、当初は1時間ほどで外に出る予定だった」と話していることがわかりました。

しかし、洞窟内を流れる水の水位が急に上がってきました。大雨の影響とみられます。

13人は初め、泳いで入り口に戻ろうとしましたが、たどり着けませんでした。

このため、迫る水を避けるためより高いところを目指して洞窟の奥に進み、およそ5キロ奥まで逃げることになったということです。

13人は食べ物を持っておらず、洞窟に入ってから10日目に発見されるまで、何も食べずに洞窟の岩肌を流れ落ちる水だけを飲んでいたということです。

遭難したあとは、服が濡れていたため体を寄せ合ったりコーチが少年を抱きしめたりして体温の低下を抑えたほか、めい想をして体力の消耗も抑え、精神を安定させてじっと助けを待ったと話しているということです。

少年たちは体力の回復を図るため入院を続けていますが、保護者によりますと、順調に回復しているということです。

天皇陛下 喜びとお祝い 伝えられる

宮内庁によりますと、天皇陛下は、タイ洞窟から出られなくなった13人が全員救出されたことを受けて、13日、タイのワチラロンコン国王に、現地の大使館を通じて喜びとお祝いの気持ちを伝えられたということです。