愛媛県内 3連休前にボランティアセンターで受け付け開始

愛媛県内 3連休前にボランティアセンターで受け付け開始
14日からの3連休を前に、愛媛県内の被災地でボランティアセンターが開設され、受け付けが始まりました。
今回の豪雨災害で愛媛県内では26人が死亡し、2人が行方不明になっているほか、土砂崩れや浸水で住宅にも大きな被害が出ました。

被害が大きかった宇和島市と大洲市、西予市は、14日からの3連休を前に、社会福祉協議会がボランティアセンターを開設し、受け付けが始まりました。

土砂の撤去や家具の運び出しなどが中心で、特に、軽トラックを持ち込める人を募集しているということです。

センターにはすでに多くの問い合わせがあり、応募が多い場合は断らざるをえないこともあるため状況を確認したうえで来てほしいとしています。

受付時間と問い合わせの電話番号は、
▽「宇和島市災害ボランティアセンター」が午前8時半から11時まで(0895ー23ー3711)。
個人のボランティアは四国4県の人に限り、ボランティアバスで訪れる団体は全国から受け付けます。

▽「大洲市社会福祉協議会災害ボランティアセンター」は午前9時から正午まで(080ー5076ー9426)。
愛媛県と徳島県、香川県、大分県、宮崎県の5つの県の人に限って受け付けます。

▽「西予市災害救援ボランティアセンター」は午前8時半から10時まで(0894ー72ー2306)。
受け入れの上限は1日当たり300人で、センターに駐車場がないため、野村運動公園の駐車場に車をとめてもらい、センターまで車で送迎するとしています。