政府 西日本豪雨の被災地に予備費から20億円支出

政府 西日本豪雨の被災地に予備費から20億円支出
政府は13日の閣議で、西日本を中心とする記録的な豪雨の被災地に、水や食料、エアコンなどを届ける費用として、今年度予算の予備費からおよそ20億円を支出することを決めました。
政府は豪雨の被災地に向けて、地元自治体からの要請を待たずに国が物資を送る「プッシュ型」の支援を行っています。

これに伴って政府は13日の閣議で、今年度予算の予備費から被災地の支援にまずおよそ20億円を支出することを決めました。

政府はこの費用を使って、水や食料、避難所に設置するエアコンや仮設のトイレなどを調達し、被災地に届けることにしています。

麻生副総理兼財務大臣は記者団に対し「被災者の生活環境の整備に必要な物資を緊急調達するということで、予備費の使用を決めた。今後も被災者の方々の支援を迅速に進めていく」と述べました。