プロ野球 フレッシュオールスター 清宮がホームラン 優秀選手に

プロ野球 フレッシュオールスター 清宮がホームラン 優秀選手に
プロ野球の若手選手が集まるフレッシュオールスターゲームが12日夜、青森県弘前市で行われ、日本ハムのドラフト1位ルーキー、清宮幸太郎選手がホームランを打ち、この試合の優秀選手に選ばれました。
清宮選手は東日本の7球団で構成されるイースタンリーグの3番、指名打者で先発出場しました。

清宮選手は、1回の第1打席は空振り三振に倒れたものの、4回の第2打席では、中日の2年目、藤嶋健人投手のカーブをふり抜き、ライトポール際にソロホームランを打ちました。

第3打席では、去年の18歳以下のワールドカップでチームメートだった中日のルーキー、清水達也投手から空振り三振、第4打席はレフトフライでした。

清宮選手は、この試合4打数1安打1打点で、ホームランがイースタンリーグで唯一の得点となり、優秀選手に選ばれました。

清宮選手は「変化球にうまく合わせることができた。1本打つことができてうれしい」と話していました。

試合は西日本の5球団によるウエスタンリーグが9人のピッチャーのリレーで3対1で勝ち、最優秀選手にはホームランを打った中日の2年目、石垣雅海選手が選ばれました。