W杯で活躍 乾がスペインのベティス加入で会見

W杯で活躍 乾がスペインのベティス加入で会見
k10011530291_201807121935_201807121938.mp4
サッカーワールドカップロシア大会で2得点の活躍を見せた日本代表のミッドフィルダー、乾貴士選手が移籍が決まったスペイン1部のベティスの加入会見に臨み、「攻撃で違いを見せたい」と意気込みを示しました。
30歳の乾選手は、サッカーワールドカップロシア大会で2得点を挙げるなどして、日本の決勝トーナメント進出に貢献し、一躍、注目を集めました。

来月、開幕するスペイン1部リーグの新しいシーズンでは、3シーズン所属したエイバルからベティスに移籍してプレーすることが決まっています。

加入会見は12日午後、都内にあるスペイン大使館で行われ、乾選手は「パスを回すベティスのサッカーは、自分がやりたかったものでとにかく楽しみだ。攻撃で違いを見せたいし、エイバルで学んだ守備でも貢献したい」と意気込みを示しました。

そして、ワールドカップのあと身の回りで起きた変化について「いろいろなところで指を差されたり、無断で写真を撮られたりするようになった」と苦笑いを浮かべて話していました。

ベティスによりますと、契約期間は3年で、背番号は乾選手の希望を踏まえて、日本代表の時と同じ「14」に決まりました。

乾選手は今月26日にチームに合流し、その後、イギリスでのキャンプを経て、来月の開幕に備えます。

ベティスは昨シーズン6位と、ここ数年で最も好成績を残しています。