参院定数6増案 衆院で攻防激化の見通し

参院定数6増案 衆院で攻防激化の見通し
参議院選挙の1票の格差を是正するため、定数を6増やすなどとした自民党の公職選挙法の改正案は、11日夜、参議院本会議で可決され、衆議院に送られました。与党側は、今の国会で成立を図りたい考えですが、反発を強める野党側は成立を阻止したいとして、内閣不信任決議案の提出時期を探るなど、今月22日の会期末に向けて与野党の攻防が激しくなる見通しです。
参議院選挙の1票の格差を是正するため、定数を6増やすなどとした自民党の公職選挙法の改正案は、11日夜、参議院本会議で、立憲民主党などが退席する中、自民・公明両党などの賛成多数で可決されて衆議院に送られました。

自民・公明両党は、来年夏に参議院選挙が控えているため、今月22日までの今の国会で成立を図る必要があるとして、13日にも衆議院の特別委員会で審議に入り、すみやかに採決を行いたい考えです。

これに対し、野党側は、11日の特別委員会で野党が提出した改正案が採決されなかったことなどから、「自民党が、数の力で強引に推し進めることは許されない」と反発を強めています。

また、「自民党の党利党略の改正案を成立させるわけにはいかない」として、安倍内閣に対する不信任決議案を提出する時期を探るなど、あらゆる手段で対抗する方針で、今月22日の会期末に向けて与野党の攻防が激しくなる見通しです。