坂本弁護士一家を追悼 新潟 上越でコンサート

坂本弁護士一家を追悼 新潟 上越でコンサート
平成元年にオウム真理教の幹部らに殺害された坂本堤弁護士一家を追悼する演奏会が、ことしも、坂本弁護士が遺体で見つかった新潟県上越市で開かれました。
坂本堤弁護士と妻の都子さん、それに当時1歳だった長男の龍彦ちゃんの一家3人は、平成元年にオウム真理教の幹部らに殺害され、このうち坂本弁護士の遺体は平成7年に上越市の山中で見つかりました。

演奏会は、坂本弁護士と親交があった音楽家や地域の住民などが事件を風化させないようにと平成18年から毎年開いていて、11日夜上越市の公民館にはおよそ100人が集まりました。

ことしの演奏会ではクラシック音楽9曲が奏でられ、坂本弁護士が好きだったという「タイスの瞑想曲」も演奏されました。

オウム真理教をめぐっては今月6日に元代表の麻原彰晃、本名・松本智津夫元死刑囚ら7人の死刑が執行されましたが、コンサートの実行委員長を務めた長島良明さんは、「坂本さんとの思い出をつなぐ鎮魂の意味で続けてきました。事件を闇に葬らず、歴史の事実として忘れないでほしい」と話していました。