参院選 定数6増 自民の改正案 参院本会議で可決

参院選 定数6増 自民の改正案 参院本会議で可決
参議院選挙の1票の格差を是正するため、定数を6増やすなどとした自民党の公職選挙法の改正案は11日夜、参議院本会議で、自民・公明両党などの賛成多数で可決され、衆議院に送られました。
参議院の特別委員会11日、自民党などが提出した4つの公職選挙法改正案の質疑を行ったあと、立憲民主党と日本維新の会が退席する中、自民党の改正案だけ採決を行い、自民・公明両党の賛成多数で可決しました。そして、11日夜に開かれた参議院本会議に上程されました。

最初に討論が行われ、自民党は「すでに次の参議院選挙まで1年となっており、委員会での審議と結論を踏まえ、決める時には決めるべきだ」と訴えました。

これに対し、参議院野党第1党の国民民主党は「来年までにやらなければならないことは、抜本的見直しの結論を得ることだが、自民党案は党利党略のびほう策にすぎない」と反対しました。

このあと、立憲民主党などが退席する中で採決が行われ、自民・公明両党などの賛成多数で可決され、衆議院に送られました。

改正案は参議院選挙の1票の格差を是正するため、定数を6増やすとともに、比例代表に、あらかじめ政党が決めた順位にしたがって当選者を決められる「特定枠」を導入するなどとしています。

自民・公明両党は、来年夏に参議院選挙が控え、今月22日までの今の国会で改正案を成立させる必要があるとして、今週中にも衆議院で審議に入りたい考えです。

改正案の内容は

自民党が参議院の無所属会派と共同で提出した公職選挙法改正案は、参議院選挙の1票の格差を是正するため、議員1人当たりの有権者が最も多い埼玉選挙区の定数を2増やすとしています。

改正案が成立すれば、埼玉選挙区は来年の参議院選挙で、改選される議席が現在の「3」から「4」に増えます。

これによって、自民党は前回・2年前の選挙で、最大で3.08倍あった1票の格差は、最大で2.985倍に縮小するとしています。

また、比例代表の定数を4増やしたうえで、あらかじめ政党が決めた順位に従って当選者が決まる「特定枠」を設けることができるようにするとしています。

自民党は、この「特定枠」を活用して、「合区」された鳥取と島根、徳島と高知の4県のうち、選挙区に候補者を擁立できない県からも確実に議員を出せるようにしたい考えです。

改正案どおり実現すれば、参議院の定数は来年の参議院選挙と、4年後の選挙で3ずつ、合わせて6増えて、最終的には選挙区が148、比例代表が100の248になります。

これに対し、野党側は定数を増やし「特定枠」を設けるのは、自民党の党利党略で国民の理解は得られないと反対しています。

国民 大塚共同代表「強い憤り」

参議院野党第1党の国民民主党の大塚共同代表は、記者団に対し、「定数の増加は許されるはずもなく、拘束名簿式と非拘束名簿式を混在させる理解不能の改正案を強引に可決したことに強い憤りを感じる」と述べました。

立民 福山幹事長「選挙の信頼失墜」

採決を退席した立憲民主党の福山幹事長は、記者団に対し、「選挙制度は民主主義の根幹であり、自民党議員の救済のための選挙制度改革は全く採決に値しない。ご都合主義、党利党略そのもので、言語道断と言わざるをえない。日本の民主主義は壊れ、選挙の信頼が失墜する」と述べました。