障害者施設の入所者にわいせつ行為の疑い 元職員逮捕

障害者施設の入所者にわいせつ行為の疑い 元職員逮捕
k10011528921_201807112109_201807112110.mp4
千葉県四街道市の障害者施設で働いていた男が、腕などを動かせない入所者の女性の体を触るなど、わいせつな行為をしたとして逮捕されました。
逮捕されたのは、千葉県四街道市にある障害者施設の元職員で、香取市に住む、大橋政典容疑者(21)です。

警察によりますと、大橋容疑者は先月24日の夜から翌日の未明にかけて、施設に入所していた20代の女性の体を触るなどのわいせつな行為をした疑いが持たれています。

被害者の女性は腕などを自由に動かせずに、ベッドに横になっていることが多く、食事などの介助を受けていたということです。

被害届を受けて警察が捜査したところ、女性の部屋に入る大橋容疑者の姿が防犯カメラに写っていたことなどから逮捕しました。

調べに対し、「間違いありません」と供述し、容疑を認めているということです。