豪雨 15府県で7200人余が避難(午前10時半)

豪雨 15府県で7200人余が避難(午前10時半)
NHKが各自治体などを取材して午前10時半現在でまとめたところ、今回の記録的な豪雨で、岡山と広島を中心に15の府と県であわせて7200人余りが自治体が指定した避難所に避難しているということです。
各府県別の避難者は、岡山県が3050人、広島県が2996人、愛媛県が798人、京都府が94人、福岡県が93人、兵庫県が50人、島根県が24人、徳島県が19人、長野県が18人、岐阜県が16人、山口県が14人、和歌山県が12人、大阪府が10人、佐賀県が8人、香川県が4人となっています。