プロ野球 西武はロッテに敗れ「連勝5」でストップ

プロ野球 西武はロッテに敗れ「連勝5」でストップ
プロ野球は5試合が行われ、パ・リーグ首位の西武対ロッテは、ロッテが7対5で勝ち、西武の連勝は「5」でストップしました。
ロッテは同点の8回、ノーアウト満塁から相手のエラーと菅野選手と田村選手のタイムリーヒットで3点を勝ち越し、2人目の松永投手が今シーズン、初勝利を挙げました。
西武は4点差を追いつきましたが、守備が乱れて連勝が「5」でストップしました。

ソフトバンク対日本ハムは、日本ハムが12対0で勝ちました。
日本ハムは5回、西川選手のタイムリーヒットで先制。6回には清水選手のタイムリーツーベースで2点を加えるなど、今シーズン最多19本のヒットで12点を挙げました。先発の上沢投手は8回無失点の好投で8勝目です。日本ハムは3連勝です。

楽天対オリックスは、楽天が3対2で勝ちました。
楽天は1点を追う8回、今江選手が6号ツーランホームランを打って逆転、2人目の高梨投手が今シーズン初勝利を挙げました。
オリックスは先発のアルバース投手が6回無失点と好投しましたが、リリーフ陣がふんばれず、3連敗となりました。

セ・リーグです。

DeNA対中日は、中日が13対8で勝ちました。
中日は同点の5回、アルモンテ選手の11号ツーランホームランで勝ち越し、6回は満塁のチャンスにビシエド選手がこの試合2本目のホームランを打つなど5点を加えました。中日は14本のヒットで今シーズン最多の13点を挙げ、5位に浮上しました。
DeNAは前半戦の負け越しが決まり、3位に順位を下げました。

ヤクルト対巨人は、巨人が6対3で勝ちました。
巨人は2回、長野選手の7号ソロホームランで先制し、3回にマギー選手が9号ツーラン、4回には坂本勇人選手が13号ツーランを打って追加点を挙げました。先発のメルセデス投手は5回無失点と来日初登板で初勝利を挙げました。巨人は3連勝、ヤクルトは今シーズン初の7連敗です。