公明 山口代表 定数増の自民案に一定の理解

公明 山口代表 定数増の自民案に一定の理解
参議院選挙の1票の格差を是正するため定数を6増やすなどとした自民党の公職選挙法の改正案について、公明党の山口代表は、投票価値を平等にするため、定数を増やすことも許容されないわけではないとして、一定の理解を示しました。
公明党の山口代表は、記者会見で、参議院の特別委員会で党が提出した公職選挙法の改正案が否決されたことについて「党の改正案は投票価値の平等を保障し、現行制度に対する違和感を解消する抜本改革にふさわしいと確信しており、否決されたのは残念だ」と述べました。

一方で山口氏は、定数を6増やすなどとした自民党の改正案について「いたずらに定数を増やすことには賛同できないが、投票価値の平等を実現していくために、定数増が全く許容されないというわけではない」と述べ、一定の理解を示しました。