小野寺防衛相「北朝鮮への制裁継続を」

小野寺防衛相「北朝鮮への制裁継続を」
米朝首脳会談後の両国による協議の難航が予想される中、小野寺防衛大臣は、北朝鮮は核・ミサイルの廃棄に着手しておらず、完全な廃棄がなされるまで制裁の継続が必要だという認識を重ねて示しました。
米朝首脳会談後の両国の協議をめぐっては、アメリカのポンペイオ国務長官が具体的な非核化のスケジュールの策定にはまだ時間がかかるとして制裁による圧力をかけ続ける姿勢を示すなど、今後の協議の難航も予想されています。

これについて小野寺防衛大臣は、閣議後の会見で「少なくとも北朝鮮が核・ミサイルの廃棄に具体的に着手しているわけではない。私どもが求めるのは完全で検証可能で不可逆的な廃棄であり、それをしっかり成し遂げるまで制裁は引き続き必要だ」と述べ、完全な廃棄がなされるまで制裁の継続が必要だという認識を重ねて示しました。

そのうえで、小野寺大臣は「防衛省としては、日本を射程に収める数百発の弾道ミサイルの実戦配備などから、北朝鮮の核・ミサイルについての基本的な認識には変わりはない。北朝鮮への警戒監視を引き続き行っていく」と述べました。